うちの子の七五三って、今年?来年?|富士の写真館、写真スタジオ、フォトスタジオ

0120575822

予約はこちら

ご予約・お問い合わせ

LINE@

ブログ

うちの子の七五三って、今年?来年?

2020.07.06

「七五三のお祝いって、うちの子は今年かな?来年になるのかな?」
と、数え年なのか、満年齢なのかを疑問に思うご家族も多いのではないでしょうか

数え年って何?
満年齢とは?
という疑問がある方もいらっしゃるかもしれません。

「数え年」とは生まれた年が0歳からスタートで
次の年のお正月(1月1日)を迎えたら1歳という計算です

「満年齢」とは生まれた日が0歳からスタートで
次の誕生日を迎えたら1歳という計算なので、現代の年齢の数え方がこれにあたります

どちらの年齢でお祝いするのかの決まりはありませんが、
どちらかというと「数え年」で祝う方が多いようです。

一番大事なことは、「お子さんの成長に合わせて」ということと、
「ご家庭の習わしに沿った考え方」ということではないでしょうか。

現代の七五三のお祝いは
子供が無事に育っていることに感謝し、
また「これから先も子供が元気に成長していってくれますように」
という願いを込めて神社にお参りをすることを指します

「七五三」と呼ぶ由来は
3歳「髪置き」5歳「着袴」7歳「帯解き」

3歳になると髪を伸ばし始め
男の子は5歳で初めて袴を着る
女の子は7歳になって大人と同じ幅の帯に変える

上記のような儀式から、現代になるまでに少しづつ変化しながら
今の七五三と呼ぶお祝いになったと考えられています

正式な「七五三」の日は11月15日ですが、
忙しい現代では、その日の前後1ヶ月ほどで
お参りをする方も増えているようです

 

大安のおでかけ予約はお早めに…☆

 

お子様の健やかな成長を願って,゚.:。+゚

 

富士市で七五三前撮り写真をお考えのお客様は、
ぜひスタジオ瞬までお気軽にご相談下さい(^_-)
→HPよりご予約フォーム
→LINEへ

 

富士宮市、沼津市、静岡市など、市外からお越しのお客様も
心よりお待ちしております,゚.:。+゚

pagetop